あ行
成分名 作  用 働  き
アスコルビン酸 抗菌化・抗老化 ビタミンCのこと。強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて日焼けによる”シミ・ソバカス”を防ぐ働きがある。
アスコルビン酸Na 抗菌化・抗老化 アスコルビン酸のナトリウム塩。働きはアスコルビン酸とほぼ同じだが安定性が高いので、食品などにも使用される。
アミノカルロン酸 抗炎症・消炎 炎症やアレルギー症状を改善する働きがある。
アミノプロピルジメチコン 皮膚形成 毛髪等に吸着して、滑りをよくする。ブラシなどの摩擦から毛髪本体を保護する。
アラニン 保湿 天然保湿因子にも存在するアミノ酸。高い保湿効果がある。
アルニカエキス 抗炎症・消炎・血行促進 血液循環を刺激する作用がある。
アロエベラエキス1 保湿/抗老化 アロエベラを含む数種のアロエの葉から抽出される。保湿効果や消炎効果に加えメラニンの生成を抑制する効果もある。
イソプロパノール 製品の安定 油性成分を均一に分散する効果とともに、殺菌効果もある。
イノシトール 抗老化/細胞賦活 ビタミンB郡に含まれる生体にも存在する成分。皮膚病治療予防効果、脱毛予防効果がある。
ウイキョウ油 エモリメント 香料として使用される。
エタノール 保存 収斂、殺菌、洗浄、司溶化、脱水作用がある。
エチドロン酸 製品の安定 水道水などに含まれる金属イオンを封鎖し、泡立ちを安定させます。
オウゴンエキス 抗炎症、消炎、抗酸化 抗炎症作用、抗アレルギー作用、チロシナーゼ阻害作用、抗菌作用、収斂作用がある。
←ヘアケアの部屋に戻る     ↑TOP