←もどろ  TOP↑

【主な「ふけ」「かゆみ」の原因】
・パーマ、ヘアカラーによるダメージ
・シャンプー・リンス等が合わない
・脱毛症の初期症状
・寝不足などの生活習慣
・偏食などの食習慣
・ストレス

準備 シャンプー剤、リンス剤を5倍以上に薄めておく。
出来るだけ、刺激の少ないブラシ(先が球状になっているもの、毛ブラシ等)を用意。
良質の油分を含むトリートメント等。(トリートメントでなくスキンケア用の乳液でも良い)ただ、あまり油分がきついと、べっとりとしてスタイリングに影響するので注意する。
天然塩。 
 
ブラッシング 痛みを感じるない程度に行います。
「ふけ」の多い人の地肌は、角質の大半が「ふけ化」していて、「ふけ」下の皮膚が薄く、刺激に弱いので、強すぎるブラッシングは、逆効果です。
この時点で、無理に「ふけ」を剥離させる意味はないので、省いてもかまいません
予備洗い 髪や頭皮、特に頭皮を、よく濡らします。
この作業を、念入りにする事で角質が軟化し、「ふけ」が取れやすくなります。
熱いお湯は、地肌を荒らすので厳禁です。

できれば38度以下のぬるま湯で行いましょう。
この後、軽くホットタオルなどして、10分くらい放置すると、皮膚が充分に膨潤し、より効果的です
シャンプー剤塗布 頭を下げて後頭部から塗布します。
ふけの多く出るところには、直接付かないようにします。
マニュピュレーション 爪を立てずに、指の腹で地肌をマッサージします。
このとき、地肌をこすらず、頭蓋骨と皮膚をスライドさせるようにマッサージする事(柔捻法)がポイントです。
必要なら、2回目も行います。
この段階でシャンプーブラシは、頭皮の刺激を避ける意味で、使わないで下さい。
すすぎ シャンプー剤を良くすすいだ後、この段階で、ブラシを使います。
強くかける必要はありません。
軽くかけるだけで、「ふけ」がブラシの毛先にこびりついてくるはずです。
そして、地肌に痛みを感じる前に終了し、更によくすすぎます。
食塩水リンス コップ一杯ほどのぬるま湯に、ティースプーン一杯の、天然塩を、溶かして、頭頂部からかけていきます。
意外に思われると思いますが、皮膚のコンディションを整えるのに、期待以上の効果があります。
そして、すすぎは、しないでタオルドライして、終了しますが、髪が傷んでいる方は次の段階でトリートメント等をします。
7 リンス or トリートメント 髪が傷んでいないのであれば、リンスは、できればしないほうが良いでしょう。
乾燥肌の方は、地肌に油分を補給するため、良質の油分を含むトリートメントをしてから、リンスをします。
最後に、すすいで終了です。

←もどろ  TOP↑