等電点とは
TOP→

PartT

等電点とは、水に溶ける物質(電解質)が持っている
その物質特有の性質が安定するpH(ペーハー)値のことです。
意味としては

---------------------------------------------------
物質がイオン化したときの電荷と等しいペーハー値。
---------------------------------------------------
ということになるでしょうか。
これを、頭皮毛髪に当てはめたとき、
pHの生理学的中性点としてBJでは、単に「等電点」と呼びます。
さて
前ページで、「頭皮頭髪のpHは約pH5.0前後」と述べました。
では、頭皮頭髪がアルカリコールド液や
弱酸性のベル・ジュバンスの薬液でどのような影響を受けるか
実験で、考察してみます。

まず、頭皮頭髪を、そのまま使ってもなかなか、わかり辛いので、同じくらいの等電点を持つ、卵の黄身に代役を務めてもらいます。
余談ですが、卵は白みは、約pH11位のアルカリ
性、黄身は、約pH5.0の弱酸性となっています。
(白みは間違ってるかも・・・)
今回の実験の餌食になるのは、弱酸性代表、pH4.7(メーカー公証)BJ「オランジュ4」(左)、フランス語で直訳すると「みかん4」と7,8年前に同業者からもらって、当店の倉庫で熟成された(株)ラフィス販売のH不明「リリーハニーコールド」というコールド液。
直訳すれば・・・やめとこ。
pHがわからないでは、話にならないので、実際に測定してみます。
測定器には、「Belle Jouvence」のロゴ入り、横川電気製「pHメーター」(そのまんまの名前)見づらいかもしれませんが、「4.72」と表示されています。
メーカー発表と、ほぼ数値が一致してほっとする私。
こちらは、まるで予備知識のない薬液「リリーハニーコールド」(一度だけつかったかな)。
ドロっとして、粘り気があります。
表示によると、アンモニア系とのこと。
よって、刺激臭がありますが、香料はあまり入っ
ていないようです。
pHは、「8.08」と出ています。



TOP→