Ph(ペーハー)とは  


水素イオン濃度指数のことで、0から14まで
の数値で表される、
酸性度またはアルカリ性度を計る尺度
です。
「pH」(ペーハー)の
「p」は、「潜在力」を表すポテンツ(Potenz、英語ではポテンシャル「Potential」にあたる)、「H」は水素を表すハイドロゲン(Hydrogen)の頭文字で、直訳すれば、「水素の潜在力」ということになります。
普段、気体の状態で電気的性質を示さない水素が、水溶液中で水素イオン(H+)となり、様々な化学反応に影響する様子を指してつけられた名称じゃないかと思います。(たぶん)
水に溶け電気的な性質を持つ全ての物質は(電解質)、水溶液中で、酸性またはアルカリ性の性質を示し、pHはそれを測定可能な数値で表したものですが、水素イオンには、対極の存在として水酸イオン(OH-)があり、−電気を帯びていて同量の水素イオンの+電気を打ち消します。
大概、水溶液中にはこの両方が存在し、
水溶液中の水素イオンの濃度が上回ったとき、酸性を示し電気的性質はプラス
水酸イオン濃度が上回ったときはアルカリ性を示し電気的性質はマイナス。
となります。
また、それぞれの濃度指数の和は常に14となる綱引きのような関係にあります。


水素イオン濃度指数+水酸イオン濃度指数=14
(     H+    +    OH-  = 14  )


指数と言うと分かり辛いかも知れませんが、この場合の指数とは1単位で10倍、2単位なら100倍というように、10倍づつ増減しますので、たとえ水で2倍に薄めても数値はほとんど変わりませんし、アルカリ性が酸性になる、なんてことも当然ありません。
そして、水に溶ける物質には、それ特有の安定するpHがあり、そういった物質特有のpH値を等電点と言います。
皮膚や毛髪の等電点は、文献によって多少の違いはあるようですが、およそ
pH5.0前後といわれています。



pH(ペーハー)のイメージ


水の電離イメージ



pHの意味

pH5.0の場合

水素イオン
濃度 (分子は10の9乗)
1000000000
―――――――
100000000000000

(分母は10の14乗)
指数 10の−5乗
(10の9乗/10の14乗)
指数部分 −5
絶対値
pH値
※水素イオン濃度の指数部分「−5」の絶対値「5」がpH値になる。
  Ph(ペーハー)とは