◇2007・4・17  Internet Explorer 7 をインストール


IE7



皆さんの意見を取り入れたと言うIE7のダウンロードサイト
ちなみにこの画面はIE6のもの。
前触れもなくWindowsの更新が来るのに慣れていると、それ以外の更新には、無頓着になっていたりするものである。

おかげで、IEのバージョンアップに気がついたのは、リリースされてから半年も経ったこの4月ということになってしまった。

ま、どうせ、見た目は今まで同様、あんまり変わらんだろうと何の気なしにダウンロード&インストールしてみるオラホだった。


80へぇ


再起動を促され、「は〜い」と気持ち良く返事しながらボタンをクリックし、リブートが終わって、さっさとホームページを開いてみる。

開いたのは、ホームページではなく、設定画面だった。
そこで、フィッシング詐欺防止機能をONにするか、とか幾つかの設定をして通常起動した。

すると、いつもと変わらない外観だろう、と言う予想に反し、やけにフレームがさっぱりしている。

そうか、ツールバーに気持ちよく並べていたアイコンが消えうせている!とか思いながら、今一度ダウンサイトに言って説明を見た。

シンプルなのが一番です。

ふ〜ん、それが皆さんの意見なのか〜、とかぶつぶつ言いながら、もういちど外観を見る。

「戻る」「進む」は最上段に移動している。
慣れれば大したことはないかもしれないが、ちょっと遠くなって不便な気もする。

タブブラウジング機能も標準装備したようだ。
各ページをサムネイルで表示もしてくれるらしい。
IE以外使ったことはないので分からないが、便利だろう。

80へぇ位やってもいいんじゃないかなぁ。(古っ)

メニューバーが無くなりツールバーのアイコンもかなり小さくなった。


ファイヤーフォックスには、すでに標準装備のタブが使える。


サムネイル表示をさせたところ。
これでお目当てのウィンドウを探す手間が省けるわけだ。



トラブル発生

さ〜て、すべてが順調に行くと思ったら大間違いだった。

ネットショップで買い物をしようと、これぞといったサイトを見つけ、商品も選び、いざ精算画面!と言う時になり、送り先住所・氏名を打ち込もうと思ったら、日本語入力ができない。

ボックスには、ただカーソルが点滅しているだけだった。
半角英数入力は、生きている。
日本語入力だけができない。

誰にも受け止めてもらえないオラホの購買意欲は、モニター上空を漂っているようだった。

最初は、フィッシング詐欺対策のセキュリティー系トラブルと思い、インターネットオプションで設定ができるかと思ったら、それらしき設定は見当たらない。

自力での対応をそこそこにし、WEBで同様のトラブルがないか調べたら、見つけることができた。
当然、解決法もあった。

原因は、よく分からない。
初期設定画面で何らかの項目のチェックを忘れたのか、IME2003や2007と言った相性問題なのか。

取りあえず、同様のトラブルにあった人のために、右にその手順を紹介しておくことにする。

一日一善である。

しかし、このトラブル、IE7をインストールした2台のPCの内、1台にしか症状は出なかった。

同じシステム構成でもないし、片方にしか症状が出なくても不思議ではないが、マイクロソフトのサイトでは対処法は探せなかった事もあるので、稀なトラブルなのかもしれない。


まずは、コントロールパネル


地域と言語のオプション


「言語」タブを選択


「詳細」ボタンをクリック


「詳細設定」タブを選択


「互換性の構成」のチェックボックスをON


再起動を求められるので必要に応じて選択。
※再起動しないと設定は反映されない。

TOP